top of page

森 圭太
博士(理学)

東京農工大学

大学院工学研究院 応用化学専攻 博士研究員(日本学術振興会特別研究員CPD)

〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16

小金井キャンパス4号館231号室

​E-mail: keitamori[at]m2.tuat.ac.jp

顔写真_森.jpg

経 歴

2018.3: 東京大学 理学部 化学科 卒業

2020.3: 東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 修士課程修了

2023.3: 東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 博士課程修了(博士(理学))

2023.4–現在:東京農工大学 大学院工学研究院 応用化学専攻 博士研究員

2017.2–2017.3:Visiting Student, Department of Chemistry, University of Cambridge (Prof. Jonathan Nitschke's group)

2021.4–2023.3: 日本学術振興会 特別研究員 (DC2)

2022.1–2022.4:Visiting Researcher, Department of Chemistry, McGill University (Prof. Hanadi Sleiman's group)

2023.4–2023.9: 日本学術振興会 特別研究員 (PD)

​2023.10–現在: 日本学術振興会 特別研究員 (CPD, 資格変更)

受 賞

2024.2: Springer Theses Award

2023.9: 第73回錯体化学会討論会 ポスター賞(化学同人賞)

2023.3東京大学大学院理学系研究科 研究奨励賞

2022.11: 日本薬学会メディシナルケミストリーシンポジウム新人賞

2021.11: The 48th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC2021), Outstanding Poster Award

2021.10: 第11回サブウェイセミナー 優秀ポスター賞

2021.8: FIBER 日本核酸化学会若手フォーラム 学生優秀ポスター賞

2021.7: 第32回生体機能関連化学部会サマースクール 優秀ポスター賞

2021.6: 第1回発動分子科学研究会 ポスター賞

2021.3: 日本化学会第101春季年会 学生講演賞

2019.8: 錯体化学若手の会夏の学校2019 優秀ポスター賞

2019.6: 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry, Springer Nature Poster Award

獲得科研費

2023–2025年度: JSPS 特別研究員奨励費(研究代表)

2021–2022年度: JSPS 特別研究員奨励費(研究代表)

論 文

(5)

​Ligase-mediated synthesis of CuII-responsive allosteric DNAzyme with bifacial 5-carboxyuracil nucleobases

Yusuke Takezawa, Hanci Zhang, Keita Mori, Lingyun Hu, Mitsuhiko Shionoya

Chem. Sci. 2024​, Advance Article.

(4)

​Minimalist Design of Wireframe DNA Nanotubes: Tunable Geometry, Size, Chirality, and Dynamics

Xin Luo, Daniel Saliba, Tianxiao Yang, Serena Gentile, Keita Mori, Patricia Islas, Trishalina Das, Neda Bagheri, Alessandro Porchetta, Alba Guarne, Gonzalo Cosa, Hanadi F. Sleiman

Angew. Chem. Int. Ed. 2023​, e202309869.

(3)

​Metal-mediated DNA strand displacement and molecular device operations based on base-pair switching of 5-hydroxyuracil nucleobases

Yusuke Takezawa, Keita Mori, Wei-En Huang, Kotaro Nishiyama, Tong Xing, Takahiro Nakama, Mitsuhiko Shionoya

Nat. Commun. 202314, 4759.

(2)

Metal-dependent base paring of bifacial iminodiacetic acid-modified uracil bases for switching DNA hybridization partner

Keita Mori, Yusuke Takezawa, Mitsuhiko Shionoya

Chem. Sci. 202314, 1082–1088. (Outside Back Cover)

 

(1)

Metal-responsive Reversible Binding of Triplex-forming Oligonucleotides with 5-Hydroxyuracil Nucleobases

Kotaro Nishiyama, Keita Mori, Yusuke Takezawa, Mitsuhiko Shionoya

Chem. Commun. 202157, 2487–2490. (Outside Back Cover)

​書 籍

(1)

​Metal-Responsive Base Pair Switching of Ligand-type Uracil Nucleobases

Keita Mori

Book Series of "Springer Theses"

招待講

2022.11.5: 核酸化学若手フォーラム2022

“5-ヒドロキシウラシルの金属配位に基づく塩基対スイッチング:DNA鎖交換および分子ピンセットへの応用”

2021.12.1: 第2回発動分子科学研究会

“5-ヒドロキシウラシルを用いた金属配位駆動型DNA分子ピンセットの開発”

bottom of page