村 岡 研 究 室

東京農工大学

​工学部 有機材料化学科

大学院 工学府 応用化学専攻

研究内容

生体は究極の分子集合体と見ることが出来ます。遺伝情報の記録と発現を担う核酸、光を感じるロドプシン、イオンを輸送するイオンチャネルなどの機能性分子や、細胞を形作る脂質二分子膜、皮膚を構成するコラーゲン、筋肉の伸縮運動を作り出すミオシンなどの分子集合体の働きで、生物としての恒常的かつ動的な機能が実現されています。

私達の研究室では、生体で見られるこうした「分子から作られる機能」に注目し、1)生体機能を模倣した人工分子の開発、2)生体機能を制御する人工分子の開発に、有機合成化学を用いて挑戦しています。

 

具体的な内容

1. 膜貫通分子の開発と超分子イオンチャネルの構築

 

2. 構造化PEG分子の開発とタンパク質安定化

3. 光応答性両親媒性ペプチドの開発と細胞接着の光制御

4. 光駆動分子機械の開発